2015年08月28日

消滅時効援用をした場合

消滅時効の援用を行った場合は、信用情報にはどのように記載されているのか?

そんな質問をよく見かけます。

相談
消滅時効援用をした場合CIC JICC KSCなどの情報登録はどういう記載になるのか
教えていただけないでしょうかお願いいたします。

<引用元:http://www.bengo4.com/saiban/1137/b_40373/>

信用情報には契約終了と記載されるでしょう

債務の事故情報は援用後1年は残っている考えた方が良いでしょう


信用情報開示請求して自分の信用情報を確かめてみましょう!専門家に依頼したいならコチラへ
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示
posted by 宮元一 at 15:00| Comment(0) | 信用情報の内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

信用情報で記載されてる情報とは

信用情報には、取引の履歴が記録されてるといわれても馴染みが無い人にとってはいまいちピンと来ないものだと思います。

実際にはどんな情報が登録されてるかといいますと

登録される利用者の個人情報
氏名
生年月日
自宅住所・自宅電話番号
勤務先名・勤務先住所・勤務先電話番号

これは、よく見る内容ですね
大抵のものはこういった個人情報を提示するので記録されていても不思議じゃありません

登録される利用者の借入情報
契約商品情報(契約先名称とその利用限度額など)
契約日
借入金額
支払形態
返済回数
支払残高
次回返済日

自分の借入情報ですが、結構細かい情報が履歴として残されますね
現状の借入がどうなっているか知る際に重要な情報ですね

登録される利用者の事故情報もしくは異動情報
長期延滞(主に3ヶ月以上)
特定調停
個人再生
自己破産

これがあるとローン審査を通る事が難しくなります。

過払いもケースよってはこの情報として登録される場合がありますが、それについては別の記事で説明します。

自身の借金がどんな状況か知りたい場合は信用情報開示請求を行えば信用情報を取り寄せる事が出来ます。

情報開示については専門家に相談すると良いでしょう


信用情報開示についてネットで相談したい方はコチラ
アヴァンス行政書士法人 信用情報開示
posted by 宮元一 at 17:45| Comment(0) | 信用情報の内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。